コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性副鼻腔炎の近年の傾向 まんせいふくびくうえんのきんねんのけいこう

1件 の用語解説(慢性副鼻腔炎の近年の傾向の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいふくびくうえんのきんねんのけいこう【慢性副鼻腔炎の近年の傾向】

 慢性副鼻腔炎は、かつては非常に多い病気でした。
 しかし、食生活が豊かになったうえ(高たんぱく食)、抗生物質の発達や医療の普及によって、重症の副鼻腔炎は減少してきました。
 一方、アレルギーが関与している副鼻腔炎が増えたことが近年の特徴です。
 慢性副鼻腔炎の人のなかで、ぜんそくアトピーにかかったことがあったり、アレルギー性鼻炎を合併している人は、成人で約2割、小児では半数以上にのぼります。
 アレルギーをともなう人の治療には、抗アレルギー薬を併用しますが、こういう人は粘膜(ねんまく)がむくみやすい(状に変化しやすい)体質のため、アレルギーのない人と比較すると、症状の改善が劣ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性副鼻腔炎の近年の傾向の関連キーワード副鼻腔副鼻腔炎ベゴニア奇病蓄膿症鼻茸鼻中隔湾曲症鼻炎 (rhinitis)鼻骨々折 (fracture of nasal bone)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone