コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性涙嚢炎 まんせいるいのうえん Chronic Dacryocystitis

1件 の用語解説(慢性涙嚢炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいるいのうえん【慢性涙嚢炎 Chronic Dacryocystitis】

[どんな病気か]
 涙道(るいどう)の途中に涙嚢(るいのう)という袋がありますが、そこに細菌が感染して炎症がおこる病気を涙嚢炎といい、長期にわたるものが慢性涙嚢炎です。
 自覚症状としては、鼻根部(びこんぶ)の強い発赤(ほっせき)や腫脹(しゅちょう)(腫(は)れ)、めやに(眼脂(がんし))、涙がこぼれる流涙(りゅうるい)を訴えます。
 涙道が途中でつまっている(閉塞(へいそく))、いわゆる鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)(「鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞」)にともなって、よくおこります。
 治療として抗生物質の点眼、涙嚢の洗浄などを行ないますが、長期にわたって発赤や腫脹をくり返す場合には、涙嚢摘出をする場合もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性涙嚢炎の関連キーワードおいどん何心地不死身プリマドンナ病は気から涙小管涙道類同マドンニーナ聖堂涙堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone