コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性涙嚢炎 まんせいるいのうえんChronic Dacryocystitis

1件 の用語解説(慢性涙嚢炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいるいのうえん【慢性涙嚢炎 Chronic Dacryocystitis】

[どんな病気か]
 涙道(るいどう)の途中に涙嚢(るいのう)という袋がありますが、そこに細菌が感染して炎症がおこる病気を涙嚢炎といい、長期にわたるものが慢性涙嚢炎です。
 自覚症状としては、鼻根部(びこんぶ)の強い発赤(ほっせき)や腫脹(しゅちょう)(腫(は)れ)、めやに(眼脂(がんし))、涙がこぼれる流涙(りゅうるい)を訴えます。
 涙道が途中でつまっている(閉塞(へいそく))、いわゆる鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)(「鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞」)にともなって、よくおこります。
 治療として抗生物質の点眼、涙嚢の洗浄などを行ないますが、長期にわたって発赤や腫脹をくり返す場合には、涙嚢摘出をする場合もあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone