コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涙嚢炎 るいのうえん dacryocystitis

3件 の用語解説(涙嚢炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

涙嚢炎
るいのうえん
dacryocystitis

涙嚢の炎症。レンサ球菌ブドウ球菌などの感染によるもので,急性と慢性がある。慢性の場合は,流涙が唯一の症状ということが多く,涙嚢部を圧迫することによって,粘液または膿汁が涙点から排出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

涙嚢炎【るいのうえん】

涙嚢(涙器)の急性または慢性の炎症。多くみられるのは慢性涙嚢炎で,鼻涙管が閉塞(へいそく)し涙嚢に涙液がたまっているとき,肺炎球菌ブドウ球菌連鎖球菌などの感染により化膿を起こすもの。
→関連項目トラコーマ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

涙嚢炎
るいのうえん

涙は眼瞼(がんけん)内縁にある涙点を通り、涙嚢にたまり、鼻涙管を経て鼻腔(びくう)に排出される。涙嚢の炎症である涙嚢炎の大部分は、この鼻涙管の閉塞(へいそく)によって涙が涙嚢に貯留し、細菌が侵入繁殖しておこる。通常、慢性型であるが、急性悪化すると充血、浮腫(ふしゅ)、痛みが激しくなる。慢性型では涙嚢部を圧迫すると、涙点から膿(のう)が逆流してくる。原因菌は肺炎菌が多いが、ほかの菌によるものもある。抗生物質の投与、ブジー挿入のほか、涙嚢鼻腔吻合(ふんごう)術、涙嚢摘出術が行われる。涙嚢閉塞には人工チューブの挿入も行われる。
 新生児にみられるものは鼻涙管の鼻腔開口部の先天性閉塞によるもので、ブジー挿入で完治する。新生児で涙や眼脂(目やに)が多いものはほとんどこれである。鼻根部のマッサージで治癒することもある。[岩田和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

涙嚢炎の関連キーワード化膿菌葡萄球菌・ブドウ球菌卵巣炎黄色葡萄球菌肺炎連鎖球菌葡萄球菌バンコマイシン耐性黄色葡萄球菌ブドウ球菌(葡萄球菌)ブドウ球菌性髄膜炎ブドウ球菌腸炎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

涙嚢炎の関連情報