慢性頭痛(読み)まんせいずつう

日本大百科全書(ニッポニカ)「慢性頭痛」の解説

慢性頭痛
まんせいずつう

明らかな異常や基礎疾患などが認められない一次性頭痛で、長く慢性的に一定の周期で繰り返すもの。機能性頭痛ともいう。緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛に大別され、慢性頭痛患者の大半は緊張型頭痛に分類される。日本の大規模疫学調査によると、慢性頭痛を有する人は約4000万人と推定されている。症状には個人差があり、痛みの程度もさまざまである。日本頭痛学会は「慢性頭痛の診療ガイドライン」を発表しており、その2013年版(平成25)を一般市民(患者)向けに再編集した「慢性頭痛の診療ガイドライン 市民版」も作成されている。

[編集部 2017年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android