コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群発頭痛 グンパツズツウ

2件 の用語解説(群発頭痛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐんぱつ‐ずつう〔‐ヅツウ〕【群発頭痛】

半年から数年に一度、特定の時期や時間帯に、片方の目の奥が激しく痛む、慢性の頭痛。数週間から2か月ほどの間、毎日ほぼ同時刻に15分から2時間ほど痛みが続く。20~30歳代の男性に多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

ぐんぱつずつう【群発頭痛 Cluster Headache】

[どんな病気か]
 ある期間、たとえば季節の変わり目などに頭痛が毎日のようにおこり、やがておさまりますが、ある期間をおいて、また同じ頭痛がおこることをくり返します。ある期間、頭痛がまとまっておこるので群発頭痛という病名がついています。
 患者さんは、20~50歳代の男性に多く、とくにヘビースモーカーに多いようです。
[症状]
 片側の目の奥が圧迫されるように強く痛み、前頭部から側頭部へと痛みが広がっていきます。頭痛は、夜間におこることが多く、痛みで目が覚めることもあります。
 頭痛とともに、顔面の紅潮(こうちょう)、眼瞼結膜(がんけんけつまく)(白目(しろめ)の部分)の充血(じゅうけつ)、涙や鼻水が出たり、鼻づまりなどの症状をともなうこともあります。
 頭痛のおこり方が特徴的です。数十分~1時間くらい続く頭痛が、1日に数回おこります。この状態が短くても数週間、長いと2~3か月続き、その後痛みはいったんおさまりますが、数か月~数年間たつと、また同じ頭痛がおこってきます。
 過労、ストレス、飲酒などがきっかけとなって、痛み始めることが多いようです。
[治療]
 スマトリプタンの注射、抗ヒスタミン薬、抗セロトニン剤、鎮痛薬(ちんつうやく)、精神安定剤を用います。痛みを抑えるために酸素投与が行なわれることもあります。痛みの出ている時期は、禁酒を守ることが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の群発頭痛の言及

【顔面痛】より

…このような場合には,三叉神経痛と異なって,痛みを生じている部分の感覚は鈍くなっていることが多い。群発頭痛cluster headacheは,主として夜中に片側の眼のまわりに切り裂かれるような激しい痛みを生ずるもので,数十分から数時間続いて自然におさまり,後にはなにも残らないが,数週間から数ヵ月にわたって,同様の発作がくり返される。原因は不明であるが,片頭痛の一種と考えられ,麦角製剤が有効である。…

【頭痛】より

…頭痛は臨床上最も頻度の高い訴えで,医師に治療を求める患者の半数以上において認められる。頭痛があっても受診しない患者を考慮に入れると,さらに多くの人がなんらかの頭痛を経験していると思われる。頭痛は頭蓋内外の器質的疾患や感染などさまざまな全身性疾患の部分症状としても起こり,また頭痛そのものが疾患の主要症状であるいわゆる機能性の慢性頭痛も多い。前者には適切な治療を欠くと生命の危険のある疾患もあり,他方後者では遺伝素因が大きく関与したり,不安,緊張などの精神的要因によって起こるものもある。…

【片頭痛】より

…頭痛の持続時間も典型的片頭痛より長い。(3)群発頭痛cluster headache 20~30歳代の男性に多く,頭痛発作の持続は20~90分間であり,発作期にはほぼ24時間周期で繰り返される。発作期は数週間続くが,一方で数ヵ月~数年に及ぶ長期の寛解期を有する。…

※「群発頭痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

群発頭痛の関連キーワード赤痢回復期譬え話何心地不死身ドンナたとえば、愛たとえば風がドン深指間カンジダ症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群発頭痛の関連情報