コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慰礼城 いれいじょうWirye-sǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慰礼城
いれいじょう
Wirye-sǒng

朝鮮,古代三国の一つ百済の最初の首都。『三国史記』によれば百済の始祖は東北の扶余系出身で,南下して慰に都を定め,まもなく漢水 (漢江) の南に移ったとされ,慰礼の地は未詳となっている。今西龍は慰礼城も南漢山城も同一で,王の居城が同一地域内で移動したにすぎないという説を立て,慰礼の地を現在の京畿道広州に比定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の慰礼城の言及

【百済】より

…この地理的条件は百済建国当初からのもので,百済史の特質ともなったものである。
[第1期――小国統合時代]
 王都慰礼城の位置は,近年の発掘調査の結果,ソウル市城東区風納里とする説が有力となった。この期の百済領域は,南漢江下流域を中心とする地方とみられる。…

【広州】より

…この地域には,櫛目文土器時代(新石器時代)の集落跡として著名な岩寺洞遺跡をはじめ,無文土器時代(青銅器時代)に入ると,可楽洞や駅三洞で住居跡が調査されている。紀元前18年に百済の始祖温祚(おんそ)王は慰礼城で建国し,紀元後,都を漢山に移し,475年に熊津(ゆうしん)(現,公州)に遷都するまでここに都したと伝える。慰礼城の所在地をめぐって諸説があり,いまだ確定していないが,漢山を広州に比定する点では支持者が多い。…

【ソウル】より

…同地域の風納洞土城は,中国,魏の帯方郡治跡もしくは三国時代百済の都城と推定される。《三国史記》によると,そのころ慰礼城ないしは漢山,漢城などと呼ばれた。その周辺には,石村洞古墳群など百済前期の墳墓群が知られる。…

※「慰礼城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慰礼城の関連キーワード百済(くだら 朝鮮)温祚王

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android