コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶念坊 きょうねんぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶念坊 きょうねんぼう

1820-1881 江戸後期-明治時代の僧。
文政3年生まれ。真宗大谷派。宮城県下8郡をめぐって堕胎の非を説き,生まれた子をもらいうけて50人余りを養育する。明治14年讒言(ざんげん)にあって投獄され,獄中で30日間絶食し,釈放後に死亡した。62歳。陸奥(むつ)和賀郡(岩手県)出身。幼名は長兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慶念坊の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android