コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙背文書 しはいもんじょ

6件 の用語解説(紙背文書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紙背文書
しはいもんじょ

古文書学上の用語。裏文書ともいい,反故 (ほご) になった古文書の裏の空白をほかの文書や記録の用紙として利用した場合,新しく書かれた文書や記録に対してもとの文書 (本来の表) をさす。反故になった文書は,おもに記録,日記,典籍の用紙に利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

紙背文書【しはいもんじょ】

文書・記録・日記・聖教などの料紙の裏に記された文書。作成された文書の大部分は,本来その役割を終えると反故(ほご)として廃棄されるはずであるが,特に紙が貴重であった古代・中世において,その裏面を料紙として,日記・典籍,文書の草案作成などに再利用した。
→関連項目義演准后日記上野国交替実録帳実隆公記兵範記民経記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しはいもんじょ【紙背文書】

すでにその機能を果たし終えた文書の裏を利用し,それを料紙として別の文書や日記,記録,聖教,典籍等を書くことは,近世以降にも行われたが,圧倒的に多くの事例は紙が貴重であった古代・中世において見いだしうる。この場合,伝来の主体は後に書かれた日記,聖教等になるので,料紙とされた文書はその紙背文書,あるいは裏文書といわれている。ただまったく別の意味を持つ裏書が裏文書といわれることもあるので,裏文書の呼称を避ける場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しはいもんじょ【紙背文書】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙背文書
しはいもんじょ

古文書学上の用語。裏(うら)文書ともいう。使用ずみの反古(ほご)になった紙の紙背(裏)をふたたび料紙に利用したとき、反古にした側(本来の表側)の文書のことをいう。反古を利用したことによって、結果として偶然にも後世に表・裏に書かれた(または刷った)両者が伝来する。たとえば、702年(大宝2)の筑前(ちくぜん)戸籍は、745年(天平17)に反古として翻して再度米塩請求文書として利用されたことにより断簡として伝来し、902年(延喜2)の阿波(あわ)戸籍は、反古の紙背に写経したためその大半が伝わった。正倉院文書も、いったん反古になった官庁文書が東大寺写経所に交付されたものである。公卿(くぎょう)の日記も、時人の消息を記した文書や請取証文などを反古にして長巻にしたものが多い。史上著名人士の自筆消息などを偶然にみつけて研究上一大発見として世間を驚かせた例は多い。[荻野三七彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紙背文書の関連情報