懐帝(読み)かいてい(英語表記)Huai-di; Huai-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「懐帝」の解説

懐帝
かいてい
Huai-di; Huai-ti

[生]太康5(284)
[]建興1(313)
中国,西晋 (→) の第3代皇 (在位 306~313) 。姓名は司馬熾。武帝の子で恵帝。東海王越が権勢をもっぱらにしたため,帝は苟晞 (こうき) に東海王を討たせようとした。東海王は憂憤して永嘉5 (311) 年死亡した。同年,帝は劉曜によって平陽に移され,のち建興1 (313) 年劉曜に害された。帝の在位中に天下はますます乱れ,収拾できない状態となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android