コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戎橋筋 えびすばしすじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戎橋筋
えびすばしすじ

大阪市中央区南部の繁華街路。道頓堀にかかる戎橋から南へ,南海電気鉄道難波駅までの間の街路で,北に続く心斎橋筋一連商店街をなし,ミナミ地下街 (通称「虹の町」) や難波地下センターとも結ばれる。衣料品店,装飾品店,飲食店などが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戎橋筋
えびすばしすじ

大阪市中央部、道頓堀(どうとんぼり)川に架かる戎橋の南詰から、南海電鉄難波(なんば)駅前に至る、南北約400メートルの街筋。戎橋の名は、江戸時代、今宮戎(いまみやえびす)神社への参詣(さんけい)通路の橋であったことに由来する。1885年(明治18)阪堺(はんかい)鉄道(現、南海電鉄)のターミナル難波駅が設けられてから、街路が整い、背後の道頓堀、千日前の歓楽街を控えて商店街として発展、北に続く心斎橋(しんさいばし)筋とともに都心商店街をなす。1970年(昭和45)ミナミ地下街(虹(にじ)の町。現呼称、なんばウォーク)ができた。[位野木壽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

戎橋筋の関連キーワード大阪府大阪市中央区難波

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android