心斎橋筋(読み)しんさいばしすじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「心斎橋筋」の解説

心斎橋筋
しんさいばしすじ

大阪市中央区南部を南北に通じる街路。心斎橋から南へ戎橋(えびすばし)に至る約750メートルをいう。心斎橋は旧長堀(埋立て。駐車場)に架かっていた橋で、現在は、1909年(明治42)に架け替えた石造のアーチ橋が陸橋として残っている。元和(げんな)年間(1615~1624)に伏見(ふしみ)の町人岡田新三心斎らが長堀を掘削、1662年(寛文2)自分の屋敷の前に橋を架けたのが心斎橋であるといわれている。心斎橋筋は、堀江、新町の待合、料亭と、道頓堀(どうとんぼり)の芝居町とを結び、最初北詰(きたづめ)が栄えたが、明治以後は南詰が繁栄した。1937年(昭和12)地下鉄御堂筋線(みどうすじせん)が通じ、1996年(平成8)に地下鉄長堀鶴見(つるみ)緑地線が開通した。大丸、そごうデパート(2009年閉店)を中心とした都心商店街が発展し、洋品雑貨、貴金属、楽器などの専門店が多い。また、アメリカ村、ヨーロッパ通りは若者の街としてにぎわっている。

[安井 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「心斎橋筋」の解説

心斎橋筋
しんさいばしすじ

大阪市中央南西部を南北に通る街路。大阪の中心商店街をなし,東京の銀座に対応。地名は,島之内船場 (せんば) を境して東西に流れていた長堀川に,寛文2 (1662) 年岡田心斎がかけたと伝えられる橋の名に由来。第2次世界大戦後,長堀川は埋立てられて道路 (地下は駐車場) となり,心斎橋も陸橋になっている。ここから南へ,戎橋 (えびすばし) までの間の街路で,デパートや服飾関係の老舗が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「心斎橋筋」の解説

心斎橋筋【しんさいばしすじ】

大阪市中央区南西部にある大阪の代表的商店街。長堀川(川は埋め立てられている)にかかる心斎橋から道頓堀川にかかる戎(えびす)橋に至る南北約800mで,服飾品,貴金属,美術工芸品など高級品の老舗や百貨店,飲食店などが集まる。
→関連項目大阪[市]中央[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「心斎橋筋」の解説

しんさいばし‐すじ ‥すぢ【心斎橋筋】

大阪市中央区の南北に通じる街路。また、沿道の町名。心斎橋から戎橋(えびすばし)に至る間は高級専門店が多く、大阪市の代表的な商店街。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「心斎橋筋」の解説

しんさいばしすじ【心斎橋筋】

大阪市南区にある街路で,大阪を代表する都心商店街。御堂(みどう)筋のすぐ東側を北の心斎橋から南の戎(えびす)橋まで南北約700mの間に,大丸,そごうのデパートをはじめ,呉服,紳士服,洋品雑貨,時計・貴金属,美術工芸などの専門店が並び,最近は若者相手の店舗も増加している。17世紀後半,船場と島之内との間を流れる長堀川に心斎橋が架設され,北の土佐堀川から心斎橋を通って南の道頓堀川に至る街路(豊臣秀吉の大坂城築城時につくられた)が橋の名にちなんで心斎橋筋と呼ばれるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android