コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成尋阿闍梨母 じょうじんあじゃりの はは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成尋阿闍梨母 じょうじんあじゃりの-はは

988ごろ-? 平安時代中期の歌人。
永延2年ごろの生まれ。源俊賢(としかた)の娘。藤原実方(さねかた)の子と結婚し,成尋ら2子を生む。延久3年からかきはじめた日記的な家集「成尋阿闍梨母集」には,宋(そう)(中国)にわたる成尋をおもう母親の哀切な心情があふれている。5年(1073)5月でおわっているので,まもなく没したか。
【格言など】高き賤しきも母の子を思う志は,父に異るものなり(成尋入宋の際のことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成尋阿闍梨母の関連キーワード成尋阿闍梨の母成尋阿闍梨母集日記文学源隆国私家集

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android