コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成尋阿闍梨母 じょうじんあじゃりの はは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成尋阿闍梨母 じょうじんあじゃりの-はは

988ごろ-? 平安時代中期の歌人。
永延2年ごろの生まれ。源俊賢(としかた)の娘。藤原実方(さねかた)の子と結婚し,成尋ら2子を生む。延久3年からかきはじめた日記的な家集「成尋阿闍梨母集」には,宋(そう)(中国)にわたる成尋をおもう母親の哀切な心情があふれている。5年(1073)5月でおわっているので,まもなく没したか。
【格言など】高き賤しきも母の子を思う志は,父に異るものなり(成尋入宋の際のことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成尋阿闍梨母の関連キーワード成尋阿闍梨の母成尋阿闍梨母集日記文学源隆国私家集

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android