コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源俊賢 みなもとのとしかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源俊賢
みなもとのとしかた

[生]天徳4(960)
[没]万寿4(1027).6.13.
平安時代中期の廷臣。高明の3男。母は藤原師輔女。正暦3 (992) 年蔵人頭に任じ,3年後参議となって公卿に列し,藤原道長全盛期に,藤原公任らとともに政務に力を尽した。正二位権大納言にまで上った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源俊賢 みなもとの-としかた

960-1027 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天徳4年生まれ。源高明(たかあきら)の3男。母は藤原師輔(もろすけ)の娘。長徳元年(995)参議,寛仁(かんにん)元年(1017)権(ごんの)大納言治部卿,皇太后宮大夫などをかねた。正二位。藤原道長の権勢をささえた能吏で,藤原公任(きんとう)らとともに一条朝の四納言と称される。万寿4年6月13日死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源俊賢

没年:万寿4.6.13(1027.7.19)
生年:天徳4(960)
平安中期の公卿。正二位。左大臣源高明 と右大臣藤原師輔の娘の子。一条天皇蔵人頭を3年経験したのち,長徳1(995)年参議に任じられた。妹明子が藤原道長の妻となったこともあって,道長に追随し,道長から「勤公は人に勝る」といわれたが,口うるさい藤原実資にはその癒着ぶりを「貪欲,謀略その聞こえ高き人」と非難されている。そうした行動をとらせた背景に,父の失脚(969,安和の変)という負い目があったことが考えられる。寛仁1(1017)年権大納言に昇進。能吏であり,藤原行成,公任,斉信と並ぶ四納言。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのとしかた【源俊賢】

960‐1027(天徳4‐万寿4)
平安中期の廷臣。源高明の三男,母は藤原師輔三女。975年(天延3)叙爵後,少将,弁官,蔵人等を歴任,関白藤原道隆の信任を得て992年(正暦3)蔵人頭となる。道隆没後は藤原道長に親近し,累進して権大納言に至る。1018年(寛仁2)納言を辞し翌年致仕。その後も治部卿,民部卿等を帯したが,27年出家して没した。儀式,政務に明るく,詩文の才もあり,後世,藤原公任らとともに四納言と称せられた。異母妹の明子(めいし)は道長の室。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源俊賢の関連キーワード成尋阿闍梨の母成尋阿闍梨母集成尋阿闍梨母成尋(1)清少納言源隆国源顕基没年成尋

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android