コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源俊賢 みなもとのとしかた

4件 の用語解説(源俊賢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源俊賢
みなもとのとしかた

[生]天徳4(960)
[没]万寿4(1027).6.13.
平安時代中期の廷臣。高明の3男。母は藤原師輔女。正暦3 (992) 年蔵人頭に任じ,3年後参議となって公卿に列し,藤原道長全盛期に,藤原公任らとともに政務に力を尽した。正二位権大納言にまで上った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源俊賢 みなもとの-としかた

960-1027 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天徳4年生まれ。源高明(たかあきら)の3男。母は藤原師輔(もろすけ)の娘。長徳元年(995)参議,寛仁(かんにん)元年(1017)権(ごんの)大納言。治部卿,皇太后宮大夫などをかねた。正二位。藤原道長の権勢をささえた能吏で,藤原公任(きんとう)らとともに一条朝の四納言と称される。万寿4年6月13日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源俊賢

没年:万寿4.6.13(1027.7.19)
生年:天徳4(960)
平安中期の公卿。正二位。左大臣源高明 と右大臣藤原師輔の娘の子。一条天皇の蔵人頭を3年経験したのち,長徳1(995)年参議に任じられた。妹明子が藤原道長の妻となったこともあって,道長に追随し,道長から「勤公は人に勝る」といわれたが,口うるさい藤原実資にはその癒着ぶりを「貪欲,謀略その聞こえ高き人」と非難されている。そうした行動をとらせた背景に,父の失脚(969,安和の変)という負い目があったことが考えられる。寛仁1(1017)年権大納言に昇進。能吏であり,藤原行成,公任,斉信と並ぶ四納言。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのとしかた【源俊賢】

960‐1027(天徳4‐万寿4)
平安中期の廷臣。源高明の三男,母は藤原師輔三女。975年(天延3)叙爵後,少将,弁官,蔵人等を歴任,関白藤原道隆の信任を得て992年(正暦3)蔵人頭となる。道隆没後は藤原道長に親近し,累進して権大納言に至る。1018年(寛仁2)納言を辞し翌年致仕。その後も治部卿,民部卿等を帯したが,27年出家して没した。儀式,政務に明るく,詩文の才もあり,後世,藤原公任らとともに四納言と称せられた。異母妹の明子(めいし)は道長の室。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源俊賢の関連キーワード阿野季信中山栄親西洞院時成安和の変西宮記愛宮三条実房西宮左大臣藤原能信源重信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone