コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成島竜洲 なるしま りゅうしゅう

1件 の用語解説(成島竜洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成島竜洲 なるしま-りゅうしゅう

1720-1808 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)5年生まれ。成島錦江(きんこう)の子。幕府につかえ,明和6年儒者格となる。和歌を冷泉(れいぜい)家にまなんだ。文化5年5月4日死去。89歳。名は和鼎(かずさだ)。通称は梅之助,忠八郎。著作に「飛鳥山碑始末」「相撲上覧記」,歌集に「寝覚草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成島竜洲の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)バロック音楽上田秋成検察ブルボン朝徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone