コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成島竜洲 なるしま りゅうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成島竜洲 なるしま-りゅうしゅう

1720-1808 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)5年生まれ。成島錦江(きんこう)の子。幕府につかえ,明和6年儒者格となる。和歌を冷泉(れいぜい)家にまなんだ。文化5年5月4日死去。89歳。名は和鼎(かずさだ)。通称は梅之助,忠八郎。著作に「飛鳥山碑始末」「相撲上覧記」,歌集に「寝覚草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成島竜洲の関連キーワード成島衡山加藤古風

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android