コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成島錦江 なるしま きんこう

2件 の用語解説(成島錦江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成島錦江 なるしま-きんこう

1689-1760 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)2年1月15日生まれ。幕臣。徂徠(そらい)学をまなび,詩や和歌にもすぐれた。奥儒者として徳川吉宗の侍講をつとめ,御書物部屋をあずかった。宝暦10年9月19日死去。72歳。陸奥(むつ)白河(福島県)出身。本姓は平井。名は信遍(のぶゆき),鳳卿。字(あざな)は帰徳,子陽。通称は道筑。別号に芙蓉道人。著作に「飛鳥山(あすかやま)碑文」「絶句解比肩」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

成島錦江

没年:宝暦10.9.19(1760.10.27)
生年:元禄2.1.15(1689.2.4)
江戸中期の歌人,儒学者,詩人。名信遍,道筑。字帰徳,子陽。錦江は号。奥州白河(福島県)の人。父は白河藩松平家家臣。幕府の表坊主成島道雪の養子となる。奥坊主として徳川吉宗に近侍するうち,その好学ぶりが吉宗の目にとまり,次第に吉宗とその周辺の幕臣たちによる文化行事に参加を許されるようになる。朱子学古文辞学を修め,一方では冷泉為綱・為久・為村の3代に和歌を学んで,和漢両面の学才を広く知らしめた。学問出精により御同朋格奥務に昇進。坊主衆の名物として江戸の文壇で重きをなした。和漢双方に多くの著述があるが,一代の漢詩文集『芙蓉楼集』は天保1(1830)年に焼失,和文集『芙蓉楼全集』が東大史料編纂所に謄写本として伝わる。<参考文献>久保田啓一「江戸冷泉門と成島信遍」(『近世文芸』44号),同「成島信遍年譜稿」1~3(『江戸時代文学誌』6~8号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

成島錦江の関連キーワード山県周南前古典派音楽成島錦江高鍋藩義山理忠中ロ関係落柿舎COE十勝川西長いもすみだ北斎美術館

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone