コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成松 なりまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成松
なりまつ

兵庫県中東部,丹波市中西部の旧町域。 1955年4村との合体により氷上町となり,2004年5町との合体により丹波市となった。加古川の上流佐治川と葛野 (かどの) 川の合流地点にあり,鉄道開通以前は加古川水運の河港物資集散地として知られた。鎌倉時代から市が立ち,江戸時代は3と8の日,月6回の市立 (いちだち) で繁栄。間口が狭く,奥行のある切妻型の民家に当時の面影が残る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の成松の言及

【氷上[町]】より

…南東端をJR福知山線が走り,石生(いそう)駅付近の水分(みわかれ)橋は由良川と加古川の分水界にあたる。中心地の成松は中世から加古川水運の河港,市場町として発達した。稲作を中心に酪農,養鶏,園芸なども加えた農業が行われている。…

※「成松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成松の関連キーワード日立粉末冶金三井 智恵氷上[町]百武兼貞遺伝病

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成松の関連情報