コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷上 ひかみ

5件 の用語解説(氷上の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷上
ひかみ

兵庫県中東部,丹波市中西部の旧町域。加古川上流の佐治川流域に位置する。 1955年成松町と沼貫村,葛野村,幸世村,生郷村の4村が合体して氷上町が発足。 2004年柏原町,青垣町,春日町,山南町,市島町と合体して丹波市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐じょう〔‐ジヤウ〕【氷上】

氷の上。「氷上競技」 冬》「―に間近しと思ふ谺(こだま)かな/乙字

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひかみ【氷上】

兵庫県中東部、丹波市の地名。中世より加古川水運の河港・市場町。

ひょうじょう【氷上】

こおりの上。 「 -バレエ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷上
ひかみ

兵庫県中東部、氷上郡にあった旧町名(氷上町(ちょう))。現在は丹波(たんば)市の中部西寄りを占める一地区。1955年(昭和30)成松(なりまつ)町と葛野(かどの)、生郷(いくさと)、沼貫(ぬぬき)、幸世(さちよ)の4村が合併して氷上町が成立。2004年(平成16)柏原(かいばら)町、青垣(あおがき)町、春日(かすが)町、山南(さんなん)町、市島(いちじま)町と合併、市制を施行して丹波市となる。加古川(かこがわ)上流にあり、同川が旧町域を北から南に貫流、南部をJR福知山線、国道175号、176号が走り、春日和田山道路(北近畿豊岡自動車道)の氷上インターチェンジがある。中心地区の成松は中世以来、加古川水運の河港で、物資の集散地として栄えた。加古川沿いでは米作を中心に花木、花卉(かき)、野菜を生産する。クリ、イチゴの観光農園もある。清住(きよずみ)地区の達身(たっしん)寺には平安時代から鎌倉時代の仏像80躯(く)以上が収蔵されており、そのうち本尊の木造阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像など12躯が国指定重要文化財。ほかに足利義満(あしかがよしみつ)創建の古刹(こさつ)円通寺など神社仏閣が多い。南東部の稲畑(いなはた)地区では土人形の稲畑人形をつくる。[大槻 守]
『荻野淳一編『成松町誌』(1957・同書編集会) ▽『氷上町誌』(1975・氷上町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷上の関連キーワード丹波丹波市加古川線兵庫県丹波市柏原町田路兵庫県丹波市春日町黒井兵庫県丹波市山南町和田氷上〈町〉兵庫県丹波市氷上町石生兵庫県丹波市氷上町御油兵庫県丹波市氷上町西中

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氷上の関連情報