コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬正肥 なるせ まさみつ

2件 の用語解説(成瀬正肥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬正肥 なるせ-まさみつ

1836*-1903 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)6年12月12日生まれ。丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主青山忠良(ただなが)の3男。安政2年尾張(おわり)名古屋藩付家老成瀬正住の婿養子となる。元治(げんじ)元年第1次幕長戦争で広島に出陣,切腹した萩(はぎ)藩3国老の首実検をした。慶応4年名古屋藩から独立した犬山藩の藩主となる。3万5000石。子爵。明治36年2月4日死去。69歳。幼名は欽之助,小吉。号は双山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

成瀬正肥

没年:明治36.2.4(1903)
生年:天保6.12.12(1836.1.29)
幕末の尾張(名古屋)藩付家老。犬山藩主。幼名欽之助,小吉,号は双山。丹波篠山藩主青山忠良の3男。安政2(1855)年,20歳のとき,尾張藩付家老成瀬隼人正正住の婿養子となり,同4年遺跡相続。文久3(1863)年,一時幽閉されていた前藩主徳川慶勝の上洛に従い,朝幕の周旋に尽力。元治1(1864)年の長州征討では総督慶勝を補佐。その代役として広島国泰寺に赴き,切腹した長州藩家老益田弾正,国司信濃,福原越後の首実検を行う。鳥羽・伏見の戦では皇居を防衛。王政復古後,成瀬家は初めて朝廷の藩屏の列に加えられ,正肥は参与会計事務局権判事に就任。版籍奉還ののち犬山藩知事となったが,廃藩に伴い東京に移住した。

(岩下哲典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成瀬正肥の関連キーワード水野忠幹犬山付家老竹腰左織竹腰正信竹腰正旧成瀬正虎成瀬正成成瀬之成水野忠幹(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone