コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成長産業 せいちょうさんぎょうgrowth industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成長産業
せいちょうさんぎょう
growth industry

成長率の高い産業。時代および国によって,また土地,労働,資本,技術などの生産要素と需要構造の組合せによって,最も需要が伸び供給体制が整った成長性のある産業はそれぞれ異なる。日本では 1950~60年代には重化学工業化を目指していたため,石油化学合成繊維プラスチックエレクトロニクスなどが成長産業とされてきたが,工業化に伴う公害の多発,工場立地の制約,地下資源の海外依存型からくる資源多消費型産業の限界などの問題が発生してきたため,70~80年代には高度加工型,資源節約型,新技術活用型の条件をそなえたシステム産業などが成長産業とされた。 90年代以降は高付加価値型のハイテクノロジー産業や知識集約型の産業が目指されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいちょう‐さんぎょう〔セイチヤウサンゲフ〕【成長産業】

はやい速度で成長を続けている産業。または将来の成長が期待される産業。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の成長産業の言及

【斜陽産業】より

…生産高や売上高が過去にピークを記録して以来,現在まで低下ないしは低迷状態にあって,将来も不振が続くとみられる産業。これと逆なのが成長産業である。現代の日本では石炭産業,紡績産業が典型的な例に当たる。…

※「成長産業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成長産業の関連情報