コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我から ワレカラ

デジタル大辞泉の解説

われ‐から【我から】

[副]
自分から。また、自分自身が原因で。和歌では多く「破殻(われから)」と掛け詞で用いられた。「我から進んで話す」
「海人の刈る藻に住む虫の―と音(ね)をこそ泣かめ世をば恨みじ」〈古今・恋五〉
われながら。
「―あはれも押さへがたき御袖の上なり」〈延慶本平家・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

われから【我から】

( 副 )
自分自身が原因で。自分のせいで。 「 -と音をこそなかめ世をば恨みじ/古今 恋五
われながら。 「 -哀れも押へかたき/平家 二中・延慶本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone

我からの関連情報