コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け詞/懸け詞 カケコトバ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ことば【掛け詞/懸け詞】

一つの言葉に同時に二つの意味をもたせる修辞法。「立ち別れいなばの山の峰におふるまつとし聞かば今帰り来(こ)む」〈古今・離別〉の歌で、「いなば」に「立ち別れ往(い)なば」と「因幡(いなば)の山」の意味が、また「まつ」に「松」と「待つ」の意味が含まれている類。和歌謡曲浄瑠璃などに多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛け詞/懸け詞の関連キーワード言い掛ける・言掛ける言い掛け・言掛けWミーニング竹馬狂吟集言掛ける磐手の森言語遊戯言掛け厄払い重義法掛ける道行き飛鳥川我から貞門風心珍し詞通路古今調語り行く

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android