掛け詞(読み)カケコトバ

  • 掛け▽詞/懸け▽詞

デジタル大辞泉の解説

一つの言葉に同時に二つの意味をもせる修辞法。「立ち別れいなばの山のにおふるまつとし聞かば今帰り来(こ)む」〈古今離別〉の歌で、「いなば」に「立ち別れ往(い)なば」と「因幡(いなば)の山」の意味が、また「まつ」に「松」と「待つ」の意味が含まれている類。和歌謡曲浄瑠璃などに多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛け詞の関連情報