戒如(読み)かいにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戒如 かいにょ

?-? 鎌倉時代の僧。
奈良興福寺の貞慶に師事して法相(ほっそう),唯識,戒律をまなぶ。奈良西大寺などで戒律をおしえた。門下に西大寺の叡尊(えいそん),西方院の有厳(うごん),唐招提寺覚盛(かくじょう)らがいる。号は知足。著作に「四帖問答短釈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android