知足(読み)チソク

大辞林 第三版の解説

ちそく【知足】

〔老子「自勝者強、知足者富」から〕 足るを知ること。身の程をわきまえて、むやみに不満をもたないこと。 「 -守分」
〘仏〙「知足天」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐そく【知足】

〘名〙
① (「老子‐三三」の「自勝者強、知足者富」から) 足ることを知ること。自分の持ち分に満足し安んじて、欲張らないこと。
※三教指帰(797頃)下「乗知足意、捧鉢直征」
※十善法語(1775)八「知足の人は貧といへどもつねに富り」 〔崔瑗‐座右銘〕
※性霊集‐六(835頃)右将軍於華山宅設左僕射設大祥斎願文「人等知足、寿同有頂

ちそく【知足】

江戸前期の俳人。本名下里金右衛門。通称勘兵衛。諱(いみな)は吉親。のち剃髪し寂照湛然。尾張鳴海(名古屋市緑区)の醸酒業者。貞門、談林を経て、貞享二年(一六八五)蕉門にはいる。多能多才で、芭蕉・西鶴をはじめ多くの文人との交流がある。著「多日万久羅」「知足斎日々記」など。寛永一七~宝永元年(一六四〇‐一七〇四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知足の関連情報