コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

或は アルハ

デジタル大辞泉の解説

ある‐は【×或は】

[接]《動詞「あり」の連体形+係助詞「は」から》
(「あるは…、あるは…」の形で)ある者は。ある場合は。
「―年ごとに鏡のかげに見ゆる雪と浪とをなげき…、―昨日は栄えおごりて時を失ひ」〈古今・仮名序〉
あるいは。または。
「逢坂山に至りて手向けを祈り、―春夏秋冬にも入らぬくさぐさの歌をなむ撰ばせ給ひける」〈古今・仮名序〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あるは【或は】

( 接続 )
〔動詞「あり」の連体形に係助詞「は」が付いたもの。「あるは…あるは…」と重ねて用いることが多い〕
ある者は。ある場合は。 「 -花をそふとてたよりなき所にまどひ-月を思ふとて/古今 仮名序
または。もしくは。 「あふさか山に至りて手向けを祈り、-春夏秋冬にもいらぬくさぐさの歌をなむえらばせたまひける/古今 仮名序

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

或はの関連情報