或いは(読み)アルイハ

デジタル大辞泉の解説

ある‐い‐は【×或いは】

《動詞「あり」の連体形+副助詞「い」+係助詞「は」から。本来は、「ある人は」「ある場合は」などの意の主格表現となる連語》
[副]
同類の事柄を列挙していろいろな場合のあることを表す。一方では。「或いは歌をうたい、或いは笛を吹く」
ある事態が起こる可能性があるさま。ひょっとしたら。「或いは私がまちがっていたかもしれない」「明日は或いは雨かもしれない」
[接]同類の物事の中のどれか一つであることを表す。または。もしくは。「みりん、或いは酒を加える」
[補説]歴史的仮名遣いで「あるひは」と書く習慣は誤り。
[用法]あるいは・または――「多くの主婦が、外で働き、あるいは(または)学習に励んでいる」「明日は雨あるいは(または)雪になるでしょう」のように、二つのうちのどちらかということを表す場合は、「あるいは」「または」の両方が使える。◇「会議は五時終了の予定だが、あるいは、三〇分ほど延びるかもしれない」のような「もしかすると」の意の副詞用法では、「または」は使えない。◇類似の語に「それとも」がある。「それとも」は「進学するか、それとも就職するか、まだ決めていない」のように疑問の形の文をつなぐときに用いる。この場合、「あるいは」も「または」も使えるが、「それとも」が最も話し言葉的である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あるいは【或いは】

〔動詞「あり」の連体形に助詞の「い」と「は」が付いたもの〕
( 接続 )
そのうちのどちらかという関係にある二つのものをつなぐ語。でなければ。または。もしくは。 「本人-保護者の出頭を求める」
( 副 )
その推測も全くは否定できないという気持ちを表す。もしかすると。ひょっとしたら。 「 -そうかもしれない」
(「あるいは…あるいは…」の形で)同じような事柄を列挙して、さまざまな動作が行われたさまを表す。 「 -海山に遊んで休養をはかり、-勉学にいそしむ者もある」 〔漢文訓読に由来する語法。古く「あるひは」と書かれることもあったが、「あるいは」が本来の形〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

或いはの関連情報