戦争違法化(読み)せんそういほうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦争違法化
せんそういほうか

正当な原因をもつ戦争のみを合法とする正戦論崩壊ののち,戦争に合法違法の区別を設けず,もっぱらその手段のいかんにより違法性を判断する無差別戦争観が長く支配したが,第1次世界大戦後の連盟規約によりただちに戦争に訴える権利が否定された。その後,1928年の不戦条約により一般的な戦争制限が規定されるにいたった。第2次世界大戦後の国連憲章において,連合の目的と一致しない武力による威嚇または武力の行使が禁止されたが,国連による集団的措置,個別的・集団的自衛権の行使はこのなかに含まれていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦争違法化の関連情報