(読み)セン

デジタル大辞泉「戦」の解説

せん【戦〔戰〕】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]いくさ たたかう おののく そよぐ
学習漢字]4年
武器をもって敵と争う。たたかい。いくさ。「戦艦戦後戦術戦災戦争戦闘海戦合戦(かっせん)苦戦激戦決戦抗戦交戦作戦参戦善戦大戦挑戦内戦敗戦奮戦和戦
競争。勝敗をきそう。言論などで争う。「商戦舌戦論戦宣伝戦
試合。「観戦棋戦熱戦延長戦
震えおののく。「戦慄(せんりつ)戦戦恐恐(せんせんきょうきょう)
[難読]戦慄(わなな)く

いくさ【戦/軍】

戦い」「戦争」のやや古な言い方。「―に勝つ」
兵士。軍勢
「千万(ちよろづ)の―なりとも言挙げせず取りて来(き)ぬべき士(をのこ)とそ思ふ」〈・九七二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「戦」の解説

せん【戦】

〘名〙
① 武器をもってたたかうこと。たたかい。
※文明本節用集(室町中)「国雖大好(セン)必亡 天下雖平忘(セン)必危〔史記〕」 〔春秋左伝‐荘公一一年〕
② 競争すること。勝負。多く他の語と複合して用いる。「リーグ戦」「名人戦」など。〔五国対照兵語字書(1881)〕
③ ふるえること。おののくこと。戦慄。
※医案類語(1774)五「哭泣失饑因而作戦(〈注〉フルヒカデテ)行歩乏力」

そよ・ぐ【戦】

〘自ガ五(四)〙 風が吹いたりして木の葉などがそよそよと音をたてる。わずかにゆれ動く。また、鹿などが草を分けながら行く。
古今(905‐914)秋上・一七二「昨日こそ早苗取りしかいつのまに稲葉そよぎて秋風の吹く〈よみ人しらず〉」
※林葉集(1178)冬「立田山梢まばらになるままにふかくも鹿のそよぐなるかな」

そよぎ【戦】

〘名〙 (動詞「そよぐ(戦)」の連用形の名詞化) そよぐこと。草などがそよそよと音をたてること。
※俳諧・雑談集(1692)上「まだ初春ののそよぎを、鶯かとも気を付たる所」

おののき をののき【戦】

〘名〙 恐れなどでふるえること。戦慄(せんりつ)
※不言不語(1895)〈尾崎紅葉〉四「其御声の震驚(ヲノノキ)、疑ふべくもあらず、御心に恐怖(おそれ)ありと思へば」

そよが・す【戦】

〘他サ五(四)〙 風やがそよそよと物をゆらす。そよぐようにする。
※順集(983頃)「のはのそよがす風の音たかみ末こすかたはすこしまされり」

おののか・す をののかす【戦】

〘他サ四〙 不安などを与えて恐れさせる。ふるえさせる。
※有明集(1908)〈蒲原有明〉浄妙華「唯悪相の魚にのみ暗き心を悸(ヲノノ)かし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「戦」の解説

戦 (ソヨゴ)

学名Ilex pedunculosa
植物。モチノキ科の常緑低木・小高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android