コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦場監視装置 せんじょうかんしそうち battlefield surveillance system

1件 の用語解説(戦場監視装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦場監視装置
せんじょうかんしそうち
battlefield surveillance system

戦場において地上,地中,水中,空中の敵を発見するための各種装置。電波,音波,光波,嗅覚などを利用する。電波を利用する戦場監視レーダには,携帯可能な近距離用から数十 kmまで監視できるもの,また敵の弾道を捕捉して相手の砲位置を探知する対砲レーダなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦場監視装置の関連キーワード江戸の敵を長崎で討つ出軍常在戦場倶不戴天地上戦汝の敵を愛せよ水中の玉女性の参画目標観測機におい(匂い∥臭い)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone