コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略兵器 センリャクヘイキ

1件 の用語解説(戦略兵器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんりゃく‐へいき【戦略兵器】

敵国の重要な産業・軍事施設などを攻撃・破壊し、戦力や経済基盤に大きな損害を与え、戦争遂行能力を失わせることを目的とした兵器。大陸間弾道ミサイルICBM)・潜水艦発射弾道ミサイルSLBM)・短距離空対地ミサイルSRAM)・空中発射巡航ミサイルALCM)・戦略爆撃機など。→戦術兵器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戦略兵器の言及

【兵器】より


[兵器の分類]
 刀や銃剣等の白兵,銃・砲等の発射火器のほか,地雷,焼夷,化学,生物,放射線等の兵器に区分されるが,広義ではさらに移動用として輸送用車両・航空機・艦艇・交通器材等,防護用として鉄帽・防弾衣や各種防毒資材等,運用統制用として通信連絡・情報収集・射撃統制・電子戦等の器材に区分される。また戦争目的達成の分担により戦略兵器,戦術兵器に分けることもあるが,交戦国の境遇によりこの兵器の規模は異なる。なお,核反応を爆発物に使用する兵器をとくに核兵器と呼ぶことが多い。…

※「戦略兵器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戦略兵器の関連キーワード戦略核兵器抗堪性拡散対抗措置軍事刑事施設釈放敵国カウンターフォース代用刑事施設産業基盤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦略兵器の関連情報