戦闘員・非戦闘員(読み)せんとういんひせんとういん(英語表記)combatant,noncombatant

世界大百科事典 第2版の解説

せんとういんひせんとういん【戦闘員・非戦闘員 combatant,noncombatant】

戦争において戦闘員非戦闘員を区別し,後者に対する直接攻撃を禁止する原則は,戦争法の基本原則の一つである。戦闘員とは一般に交戦国軍隊(正規軍のみならず,一定の条件を満たす民兵隊義勇隊,組織的抵抗運動団体,さらに群民蜂起の構成員を含む)の構成員を指すが,そのうち衛生要員や宗教要員等軍隊を援助するために所属する要員は除かれる(1907年ハーグ陸戦規則3条,1977年第1追加議定書3条2項)。戦闘員は敵対行為に直接参加する権利を有する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android