コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文民 ぶんみんcivilian

翻訳|civilian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文民
ぶんみん
civilian

通俗的には軍人でない者という意味で用いられるが,日本国憲法が「内閣総理大臣その他の国務大臣は,文民でなければならない」 (66条2項) と規定する場合の「文民」については解釈上問題となっている。この規定は日本の再軍備を予見した極東委員会の要請により貴族院で追加されたもので,その趣旨とするところは,政治の基本に文民優位の原則を貫徹させ,軍国主義を否定し,また政治責任を明確にして民主主義を制度的に確立しようとするところにある。「文民」については,強度の軍国主義思想の持主でない者とする説もあるが,その本来の意味は職業軍人の経歴のない者のことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐みん【文民】

civilian》軍人でない者。職業軍人の経歴をもたない者。
「内閣総理大臣その他の国務大臣は、―でなければならない」〈日本国憲法第六六条・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

文民【ぶんみん】

軍人でない者。シビリアンcivilianの訳語として現行憲法で初めて用いられた語で,職業軍人の経歴のない者まで含めて解釈されることが多い。内閣総理大臣その他の国務大臣は文民でなければならない(憲法66条II)。
→関連項目シビリアン・コントロール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんみん【文民】

〔civilian の訳語〕 軍人でないもの。日本国憲法は「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文民
ぶんみん

職業軍人の経歴をもたない者。日本国憲法で新たにつくられた語でciviliansの訳語である。憲法第66条2項は「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」と規定している。この規定はもともと原案にはなかったが、審議の過程で、連合国最高司令部が極東委員会の意向に基づいて追加挿入を要望してきたため、貴族院で修正追加されたものである。この文民条項は、平和主義の実現を確保し、過去の軍国主義的支配の復活を防止する見地から設けられたものであるとされている。文民の意味については説が分かれているが、職業軍人の経歴をもたない者とするのが通説である。ほかに、軍人でない者をいう、したがって、軍人であった者も軍人を辞めたときから文民となるとする説、経歴、現在の地位いかんを問わず、強い軍国主義思想の持ち主でない者とする説がある。前説によれば、憲法第9条は軍隊の存在を否認しているから現役の軍人は存在しえず、憲法のこの規定は無意味なものとなってしまう。また、文民とは、経歴または資格についての観念であるから、これを思想に関するものとする後説は妥当ではなかろう。この規定は、1954年(昭和29)の第一次鳩山(はとやま)一郎内閣、55年の第二次鳩山内閣の成立にあたって、元海軍大将野村吉三郎(きちさぶろう)が防衛庁長官(現在の防衛大臣にあたる)として入閣候補にあがった際に問題となったことがある。[小松 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文民の言及

【職業軍人】より

…職業軍人の制度は一般に近代国家が成立し,各国で常備軍が設けられるようになった時期以降に発生したものであるが,日本では軍隊は天皇の皇軍であるとして軍人を職業とみる考えは忌避されていたため,第2次大戦後になって,とくに国務大臣の資格要件をめぐって職業軍人という言葉が注目されるようになった。すなわち日本国憲法において国務大臣は文民でなければならないと規定し,文民とはかつて職業軍人でなかった者とされたからである。しかし,この解釈も現在では文民をいちじるしく軍国主義的な思想をもたない者としているため,大臣任命に関し,職業軍人という規定はほとんど有名無実となったといえよう。…

※「文民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文民の関連キーワード地域復興チーム(Provincial Reconstruction Team)国連西サハラ住民投票ミッション「文民統制」と「文官統制」国連東ティモール統合派遣団シビリアン・コントロール地域復興チーム(PRT)タクシン・シナワット首相J.ジョン ローリングス国政改革評議会[タイ]ヨーロッパ安全保障戦略シビリアンコントロール日米地位協定と軍属V. セレソ・A.ジュネーブ四条約大統領自由勲章平和維持活動ババンギダ金沢 嘉市UNMITフォンセカ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文民の関連情報