コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯ればむ アザレバム

デジタル大辞泉の解説

あざれ‐ば・む【戯ればむ】

[動マ四]ふざけているような態度をとる。好色めいたふるまいをする。
「例は、かやうに長居して―・みたる気色(けしき)も見え給はぬを」〈・夕霧〉

ざれ‐ば・む【戯ればむ】

[動マ四]
気がきいている。しゃれている。風流めく。
「―・みたるが、まだ造りさしたる所なれば」〈東屋
物慣れたようすをする。しゃれたまねをする。
「世の中をまだ思ひ知らぬほどよりは、―・みたる方にて」〈空蝉
ふざける。たわむれる。
「寝汚(いぎたな)き夜と―・みて、何締(し)め笑ふ」〈浮・万金丹・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あざればむ【戯ればむ】

( 動四 )
ふざけている。ふまじめな態度をとる。 「わがいにしへ、少し-・み、あだなる名をとり給うし面おもておこしに/源氏 夕霧

ざればむ【戯ればむ】

( 動四 )
たわむれる。じゃれる。 「いぎたなき夜と-・みて/浮世草子・好色万金丹」
風流で気が利いている。しゃれている。 「 - ・みたるがまだ造りさしたる所なれば/源氏 東屋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戯ればむの関連キーワードふるまい浮世草子態度

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android