コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本考古学協会 にほんこうこがくきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本考古学協会
にほんこうこがくきょうかい

考古学研究者の全国的組織。 1947年の登呂遺跡発掘調査のために集まった研究者たちによる登呂遺跡調査会を母体として 1948年結成。調査研究のほか,文化財の保存・保全に関する事業,発表会,シンポジウムの開催,内外の関連学術団体との協力などをおもな活動とする。『日本考古学年報』,『日本考古学』などを刊行している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本考古学協会の関連キーワード旧石器時代遺跡ねつ造事件日本のおもな学会・協会日本人(人類学)上黒岩岩陰遺跡久里双水古墳座散乱木遺跡三津永田遺跡藤田 亮策八幡 一郎乙益 重隆杉原 荘介黒板 勝美宮城(県)銚子塚古墳三津屋古墳高尾山古墳大場 磐雄江上波夫杉原荘介麻生 優

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本考古学協会の関連情報