コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田勝則 とだ かつのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田勝則 とだ-かつのり

1534-1620 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)3年生まれ。戸田忠次(ただつぐ)の弟。三河(愛知県)岡崎城徳川家康につかえ,永禄(えいろく)7年今川氏真(うじざね)の家臣朝比奈元智(あさひな-もととも)のまもる田原城を攻めて功をたてる。のち家康の近侍となった。元和(げんな)6年6月5日死去。87歳。通称は九平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸田勝則の関連キーワード伯爵戦争十三陵クレメンス宇喜多能家クレメンスパウルス3世イグナティウス・デ・ロヨラサンガッロパウルス(3世)ラブレー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android