コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田勝隆 とだ かつたか

2件 の用語解説(戸田勝隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田勝隆 とだ-かつたか

?-1594 織豊時代の武将。
戸田勝成(かつしげ)の兄。豊臣秀吉につかえ,馬廻りである黄母衣(ほろ)衆をつとめる。天正(てんしょう)15年四国攻めの功で伊予(いよ)(愛媛県)大津(洲)城主となり,18年小田原攻めでは伊豆(いず)韮山城(静岡県)攻撃に参加。朝鮮出兵にしたがい,巨済島で講和交渉にあたるが,帰国の途中文禄(ぶんろく)3年10月23日病死。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田勝隆

没年:文禄3.10.23(1594.12.4)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。通称三郎四郎,官途受領は民部少輔・駿河守で,名は氏繁,氏知,政信とも称したという。早くから豊臣秀吉に仕え,天正1(1573)年9月,近江国長浜のうちで250貫文を与えられ,同5年,播磨で加増され5000石となった。秀吉の馬廻りである黄母衣衆のひとりで,四国攻めの功によって伊予大洲城7万石を領している。天正18年の小田原攻めには伊豆韮山城攻撃に加わった。文禄の役では朝鮮の巨済島で講和交渉に当たるが,帰国の途次病死してしまい,子がなかったので断絶となった。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戸田勝隆の言及

【伊予国】より

…【山内 譲】
【近世】
 秀吉の四国征伐後,小早川隆景が伊予国の領主となった。1587年には福島正則が湯築(ゆづき)城に,戸田勝隆が大津城(大洲城)に入った。勝隆は宇和郡内の旧領主西園寺公広を謀殺し,土豪を弾圧し(戸田騒動),太閤検地を強行した。…

※「戸田勝隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸田勝隆の関連キーワード道恵文閑細川玄旨牧興相山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門太郎四郎文禄横目付

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone