戸田忠行(読み)とだ ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田忠行 とだ-ただゆき

1847-1918 幕末-大正時代の大名,華族。
弘化(こうか)4年10月2日生まれ。戸田忠禄(ただとみ)の4男。兄戸田忠文(ただあや)の養子となり,安政3年下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)藩主戸田家8代。幕府陸軍奉行並をつとめた。維新後,海軍省御用掛などをへて明治30年貴族院議員。子爵。大正7年12月31日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android