コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸高公徳 とだか きみのり

1件 の用語解説(戸高公徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸高公徳 とだか-きみのり

1924- 昭和時代後期の警察官。
大正13年9月30日生まれ。昭和27年巡査部長の身分をかくして大分県菅生(すごう)村(竹田市菅生)に潜入,同村駐在所の爆破(菅生事件)に関係する。事件直後に姿をかくし,5年後共同通信の取材チームに発見される。起訴されていた共産党員は無罪,戸高は有罪となるが,刑を免除される。のち警察大学校術科教養部長(警視長)へと異例の昇進をとげた。大分県出身。鶴崎工業卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

戸高公徳の関連キーワード婦人警察官震災被災地への警察官の特別出向大橋秀雄城島又八内藤三郎成田雲竹松橋忠光三井脩八木敏片桐裕

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone