コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戻換 れいかんinversion

翻訳|inversion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戻換
れいかん
inversion

妥当な変形推理の一つで逆換ともいう。2つの場合があり,主語はいずれも全称肯定形が単称否定形に,述語は肯定は否定に否定は肯定に変化する。 (1) 「すべてのSはPである」 (A) →「ある非SはPでない」 (O) 。 (2) 「すべてのSはPでない」 (E) →「ある非SはPである」 (I) 。記号論理学の立場では (1) では「非P」,(2) では「P」の存在仮定が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐かん〔‐クワン〕【戻換】

inversion》論理学で、定言的判断の変形による直接推理の一。ある判断から主語の矛盾概念を主語に、述語を同じくする、新しい判断を導き出す推理。例えば、「すべてのsはpである」から「ある非sはpでない」を導出する類。逆換。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例