コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所有者抵当 しょゆうしゃていとう Eigentümerhypothek

2件 の用語解説(所有者抵当の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所有者抵当
しょゆうしゃていとう
Eigentümerhypothek

所有者みずから自分の所有物のうえに抵当権をもつこと。物の交換価値を把握する権利としての抵当権を独立の存在と考える近代的抵当権制度のもとではこの所有者抵当が肯定され,ドイツ民法では,たとえば抵当権者が抵当権を放棄したときはその順位の抵当権を所有者みずから取得するといったことなどが認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

所有者抵当
しょゆうしゃていとう
Eigentmerhypothekドイツ語

不動産所有者が自己所有の不動産のうえに自ら抵当権をもつこと。債務者甲が債権者乙・丙のために自己所有の不動産にそれぞれ一番抵当権・二番抵当権を設定している場合に、甲が一番抵当権者乙に対して債務を弁済すると、所有者抵当を認める制度のもとでは、甲自身が一番抵当権者となり、丙は依然として二番抵当権者にとどまる。甲は自己が有する一番抵当権を利用して再度金融を得ることができるわけである。これが所有者抵当の重要な機能の一つである。これはドイツ民法の認めた近代抵当権の一特質であるが、日本の民法ではこの制度はとられていない。日本では、乙が弁済を受けると、乙の債権とともに一番抵当権は当然に消滅し、丙の二番抵当権が一番抵当権に昇格する。所有者抵当のほうが合理的であるとして、これを認めるべきだという意見もある。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所有者抵当の関連キーワード他物権滌除オーナー所蔵所有者所有物抵当権者特約借地権付住宅抵当権消滅(抹消)請求車両所有者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone