コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所郁太郎 ところ いくたろう

2件 の用語解説(所郁太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

所郁太郎 ところ-いくたろう

1838-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家,蘭方医。
天保(てんぽう)9年2月16日生まれ。緒方洪庵(こうあん)にまなび,京都で開業。のち萩(はぎ)藩の京都藩邸医院総督となる。文久3年の八月十八日の政変後,長州にいき遊撃隊医長。高杉晋作の下関挙兵にしたがうが,元治(げんじ)2年3月12日陣中で病没。28歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は矢橋。名は直則。変名は石川春斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

所郁太郎
ところいくたろう
(1838―1865)

幕末期の長州藩諸隊医官の長。美濃(みの)国(岐阜県)不破(ふわ)郡赤坂村商人矢橋亦一(やばしまたいち)の四男。大野郡西方村医師所伊織(いおり)の養子。加納藩医青木松軒に医術を学び、のち京都で勉学、さらに大坂緒方洪庵(こうあん)の適塾で西洋医学を学ぶ。京都で開業中長州藩志士と交流し、1863年(文久3)の政変で長州藩に亡命。やがて諸隊結成とともに隊医となり活躍。翌64年井上馨(かおる)暗殺未遂時、治療にあたり井上の一命を取り留める。その翌年内訌(ないこう)戦時に吉敷(よしき)で病死。28歳。[広田暢久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

所郁太郎の関連キーワード岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教岡田以蔵カービー菊高検校後藤象二郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone