コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁桃病巣感染症 へんとうびょうそうかんせんしょう

1件 の用語解説(扁桃病巣感染症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

へんとうびょうそうかんせんしょう【扁桃病巣感染症】

 扁桃に病巣があって、扁桃そのものの症状はきわめて少ないか現われない程度ですが、遠隔臓器(病巣から離れた臓器)に二次的な病気がおこった場合を、扁桃病巣感染症といいます。
 二次的な病気としては、古くは溶連菌(ようれんきん)感染後のリウマチ性疾患糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)がありますが、最近では、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、胸肋鎖骨過形成症(きょうろくさこつかけいせいしょう)、IgA腎症のほか、乾癬(かんせん)、紅斑(こうはん)、関節リウマチ、筋炎、ぶどう膜炎(まくえん)などの一部に、扁桃が病巣となっているものがあります。
 症状としては、二次疾患固有の症状、たとえば皮疹(ひしん)、関節の腫(は)れや痛み、血尿(けつにょう)などが主です。
 ふだんは、のどの症状はほとんどないか、あっても軽度ののどの痛み・異物感程度ですが、典型例では、上気道炎(じょうきどうえん)や扁桃炎(へんとうえん)にかかると二次疾患の症状が悪化します。
 これらの症状は、薬物などによる対症療法でも一時的に改善しますが、根本的治療法としては、扁桃摘出術が有効な場合が多いものです。
 皮膚、骨関節、腎臓などに病気があって、上気道炎や扁桃炎にかかるとこれらの病気が悪化するといった場合には、耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)に相談することをお勧めします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

扁桃病巣感染症の関連キーワードアンギーナ苦扁桃油扁桃扁桃炎扁桃油苦扁桃苦扁桃水扁桃腺扁桃肥大リンパ組織

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone