コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手の外科 てのげかhand surgery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手の外科
てのげか
hand surgery

人の手は筋肉,腱,神経,血管,骨,関節などの各組織が複雑な構造を示し,精密な運動能力,感覚能力をそなえている。そのため,手の外傷奇形炎症などに対して外科的処置を行う場合には,在来の外科や整形外科などは別個に,この部位に対する十分な解剖学的知識と熟練した技術が要求される。手の外科の重要性は第2次世界大戦後,特に強調されるようになった。日本でも,1958年に日本手の外科学会が設立され,年に1度の学術集会がもたれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

手の外科の関連キーワード手の外科の知識形成外科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android