コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手刀 シュトウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐とう〔‐タウ〕【手刀】

で、親指を曲げて他の4を伸ばして密着させた形。手のひら外側のように用い、相手の急所を攻撃したり、あるいは防御したりするのに用いる。

て‐がたな【手刀】

手の指をそろえてのばし、刀のように用いること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅとう【手刀】

空手で、親指を軽くまげ、他の四本の指をそろえて伸ばし、刀のように使って、眉間・脇腹など相手の急所を打つ技。

てがたな【手刀】

指をそろえてのばした手を刀のように使うこと。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手刀の関連キーワードウサクマイ遺跡群阿光坊古墳群江釣子古墳群丹後平古墳群空手チョップ大山 倍達江別古墳群モヨロ貝塚西予(市)七夕池古墳褒賞金制度手刀を切る恵解山古墳最寄貝塚ボビナム蕨手刀当身技切る柔道刀剣

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android