手取峡谷(読み)てどりきょうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手取峡谷
てどりきょうこく

石川県南部,手取川中流の峡谷白山市釜清水町上流の長さ約 8km。流紋岩凝灰岩を下方浸食して 20~30mの絶壁を形成し,甌穴が見られる。黄門橋,飛竜岩,垂見滝,不老橋など奇勝に富み,紅葉が美しい。獅子吼・手取県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕手取峡谷(てどりきょうこく)


石川県南部、手取川中流部にある峡谷。長さ約7km。高さ20~30mの岩壁が切り立ち、河床には甌穴(おうけつ)群がみられる。黄門(こうもん)橋・不老(ふろう)橋、綿ヶ(わたが)滝などの景勝地がある。獅子吼(ししく)・手取県立自然公園に属する。河畔手取温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手取峡谷の関連情報