コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白山市 はくさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白山〔市〕
はくさん

石川県南部,手取川の流域に広がる市。両白山地の西斜面と金沢平野の中央部を占め,北西は日本海に面する。東で富山県と岐阜県に,南で福井県に接する。2005年松任市,美川町,鶴来町,河内村,吉野谷村,鳥越村,尾口村,白峰村の 8市町村が合体。北部の平野部には北陸街道の宿駅が置かれ,手取川河口の美川は北前船の寄港地として発展。山麓部は加賀一宮の白山比咩神社をはじめ,白山の麓に建立された社寺の門前町として栄えた。手取川の扇状地早場米産地として知られ,山間部ではソバを産する。金沢市の南西に隣接するため衛星都市としての性格も強く,機械,自動車車体,電子機器,繊維,食品などの工場が立地。美川の仏壇は伝統工芸として知られる。山麓にはスキー場や温泉が点在し,観光開発も盛ん。岩間の噴泉塔群は国の特別天然記念物,手取川流域のケイ化木産地,御仏供スギなどは天然記念物に指定。東大寺領横江荘荘家跡,鳥越城跡などの国指定史跡があり,人形浄瑠璃尾口のでくまわし」は国指定重要無形民俗文化財。市域の一部は白山国立公園獅子吼・手取県立自然公園白山一里野県立自然公園に属する。北部の市街地は JR北陸本線北陸自動車道,国道8号線などが集中する交通の要地。北陸鉄道石川線が金沢と鶴来を結び,手取川に沿って国道157号線が市域を縦貫。白山スーパー林道で岐阜県白川村に通じている。面積 754.93km2。人口 10万9287(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はくさん‐し【白山市】

白山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

白山市の関連情報