コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜岩 りゅうがん Lóng yán

2件 の用語解説(竜岩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうがん【竜岩 Lóng yán】

中国,福建省南西部,九竜江上流域,漳州から長汀を経て江西省の瑞金にいたる公路上にある市。竜巌とも書く。人口42万(1994)。竜岩地区の中心で漳平市と5県を管轄する。鷹厦(ようか)鉄道(鷹潭~厦門(アモイ))の支線(漳竜線(漳平~竜岩))が市内を通る。唐代に県がおかれ最初新羅と呼んだが,まもなく竜岩に改められた。江西省の瑞金が中華ソビエト共和国の首都であった時代(1931‐34)には竜岩を中心に閩西(びんせい)ソビエト区がおかれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜岩
りゅうがん / ロンイエン

中国、福建省南西部の市。1981年市制施行。竜岩地区級市の中心地で、竜岩地区級市は上杭(じょうこう)県など5県を管轄し、(しょうへい)市の管轄代行を行う。人口285万8920、市轄区人口45万7520(2000)。市街は九竜江上流の雁石(がんせき)渓に沿って開ける。市内には竜永炭田、馬坑鉄山などの鉱山が多く、銑鉄、機械、紡織、染色などの工業が立地する。農村部では米、サツマイモ、タバコ、ラッカセイなどを産出する。福建省西部と広東(カントン)省を結ぶ交通の要地で、鷹厦(ようか)鉄道の支線のほか広東省梅県へのバス路線が通じる。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜岩の関連キーワード九竜福建省牡丹江雲山漢中瑞金泉州長汀土楼福建土楼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜岩の関連情報