コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手取植物群 てとりしょくぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

てとりしょくぶつぐん【手取植物群】

〈てどり〉とも読む。長野,岐阜,富山,石川,福井各県にまたがって広く分布する,上部ジュラ系~下部白亜系手取累層群(1億7000万~9600万年前)に含まれる化石植物の総称。この植物群は,はじめ1877年,H.T.ガイラーによって研究された。ガイラーが研究に用いた標本は,石川県石川郡白峰村桑島の手取川右岸の通称“化石壁”から,J.J.ラインによって採集されたものである。 手取植物群は,藻植物1種,蘚苔植物1種,トクサ類2種,シダ類42種,シダ種子類2種,ソテツ類31種,イチョウ類11種,チェカノフスキア類4種,球果類17種,その他2種からなり,タカワラビ科のシダ,イチョウや広葉球果の類が優勢の植物群である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手取植物群の関連キーワードオニキオプシス洛東植物群手取層群

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android