蘚苔植物(読み)せんたいしょくぶつ

精選版 日本国語大辞典「蘚苔植物」の解説

せんたい‐しょくぶつ【蘚苔植物】

〘名〙 隠花植物の一分類群。植物体は一般に小形で維管束もないが、葉緑体をもち光合成を営む。配偶体はよく発達するが、胞子体は退化的でその一生を配偶体の上で半寄生的におくる。一般に湿った場所を好む性質がある。これは、シダ植物や種子植物では胞子体が発達して配偶体が退化的であるのでちょうど正反対の発達をとげている点が特徴的。ふつう、ツノゴケ類、苔類、蘚類の三群に分けられ世界に約二万五千種ある。俗にいう「コケ」という植物の大部分は蘚苔植物であるが、サギゴケモウセンゴケは種子植物、クラマゴケホラゴケはシダ植物、チャダイゴケ菌類ウメノキゴケハナゴケ地衣類などという例外も多い。蘚苔蘚苔類

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蘚苔植物」の解説

せんたい‐しょくぶつ【××苔植物】

苔植物こけしょくぶつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android