手工業ギルド(読み)しゅこうぎょうギルド(英語表記)craft guild

世界大百科事典 第2版「手工業ギルド」の解説

しゅこうぎょうギルド【手工業ギルド craft guild】

ヨーロッパ中世都市内部に形成された手工業者の同職組合,とくにドイツではツンフトとよばれることが多い。商人ギルドにかわって,多くは14世紀に,同じ職業の手工業者の親方がそれぞれ共同の利益を守るため,対外的には営業の独占,対内的には相互の平等を基本とした組合を結成したもの。織布工ギルド,仕立屋ギルド,工ギルドなど生活必需品にかかわる職業について形成されることが多かった。親方,職人,徒弟という階層序列(徒弟制度)を含む中世の産業組織であり,都市に手工業を集中して生産を統制し,農村の手工業を禁圧した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「手工業ギルド」の解説

手工業ギルド
しゅこうぎょうギルド

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android