コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手工業ギルド しゅこうぎょうギルド

世界大百科事典 第2版の解説

しゅこうぎょうギルド【手工業ギルド craft guild】

ヨーロッパ中世都市内部に形成された手工業者の同職組合,とくにドイツではツンフトとよばれることが多い。商人ギルドにかわって,多くは14世紀に,同じ職業の手工業者の親方がそれぞれ共同の利益を守るため,対外的には営業の独占,対内的には相互の平等を基本とした組合を結成したもの。織布工ギルド,仕立屋ギルド,工ギルドなど生活必需品にかかわる職業について形成されることが多かった。親方,職人,徒弟という階層序列(徒弟制度)を含む中世の産業組織であり,都市に手工業を集中して生産を統制し,農村の手工業を禁圧した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

手工業ギルドの関連キーワードクラフト・ユニオン宣誓ギルド職人組合

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android