コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒弟制度 とていせいど apprentice system

6件 の用語解説(徒弟制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徒弟制度
とていせいど
apprentice system

中世ヨーロッパの都市におけるギルドの内部で,後継者の養成と技術的訓練を行うために,また同時に職業的利益を守るために存在した制度。親方-職人-徒弟という身分秩序を構成し,徒弟になる年齢は 10~16歳で,期間はおよそ2~8年程度であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とてい‐せいど【徒弟制度】

中世ヨーロッパの手工業ギルドにおいて、親方・職人・徒弟の3階層によって技能教育を行った制度。また、一般に日本の年季奉公・丁稚(でっち)などの制度をもいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徒弟制度【とていせいど】

中世ヨーロッパの手工業者養成制度。親方制度とも。手工業ギルドと結合しつつ発展した。徒弟は一定期間親方の家に住み込み,雑用のかたわら親方の仕事を見習い腕をみがく。
→関連項目職人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とていせいど【徒弟制度 apprenticeship】

ヨーロッパ中世の職業技術訓練に典型的にみられる制度で,親方制度とも呼ばれる。手工業ギルドを中心に同職組合が形成された14世紀ころ,それと結合しつつ確立した。親方master(ドイツではマイスターと呼ばれる),職人journeyman,徒弟apprenticeという身分的な階層制度を形成する。親方は契約によって徒弟を雇い,衣食住を保証するが賃金は支払わず若干のこづかい銭を与える。徒弟は親方の家に住み,職業技術を習得するほか,雑用を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とていせいど【徒弟制度】

中世ヨーロッパの手工業者組合(ツンフト)において、親方・職人・徒弟の階層関係に基づいて技能教育を行なった制度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徒弟制度
とていせいど
apprentice system英語
Lehrlingswesenドイツ語

手工業、商業そのほかの職業または芸術、芸能の活動において、親方または教師に指導されて実地の訓練を通じて積み重ねる学習の制度。とくに手工業の技能を世代から世代に伝授していくために、手工業経営やその同職組合によって技能教育が制度化された。そのほか、医術や弁護術などの自営業においても独特の実習期間が設けられている。[寺尾 誠]

西洋以外の徒弟制度

すでにバビロニアのハムラビ法典で徒弟制度に言及されているし、イスラム時代にもムタアリムmutaallim(徒弟)の制度があった。また中世の中国においては、行(こう)や作(さく)とよばれるギルド的な同職組合の手で徒弟制度が規定されていた。多くは3年間の徒弟期間であったが、同郷性という形で、血縁団体に擬せられる中国のギルドにおいては、徒弟は親方たちの家内奴隷的な存在であった。同じ職業身分制でも、西洋中世のような契約的な依法団体における手工業者の実習制度とは異なる、より従属的な制度であった。[寺尾 誠]

西洋中世

ギルドに組織化された身分的職業制度の下では、ギルドの成員権をもつ親方が、さまざまな手工業における技能教育の義務を負った。その教育は徒弟と職人の二期間に分けられ、親方の家父長的な訓育の仕方で行われた。職人が、親方から賃金を受け取る、親方の補助労働者であるのに対し、徒弟は、食事、宿泊、衣類などを主人から与えられるかわりに賃金はもらわない。普通7年間の徒弟期間が終わると、職人に昇格する。この期間の長さや修業方法、さらに徒弟の数についても、ギルドの誓約条項のなかに規定されていた。
 15世紀に中世都市の外部で農村工業が発達し始めると、ギルド制の拘束から逃れて職人たちがより自由な手工業経営を農村部に組織し、徒弟制度が弱まり始める。16世紀以降、絶対王政の重商主義政策においてギルド制とともに徒弟制の維持も試みられた。中世都市の強さと関連して各国の事情は違っているが、18世紀から19世紀にかけて産業革命が進行することにより、徒弟制度は近代化する。[寺尾 誠]

西洋近代

親方の下で人格的に拘束され扶養されながらの旧制度にかわり、形式的には独立した人格として賃金を受け取ることになる。各国の歴史によって旧制度から新制度への転換はいろいろである。また技術が進歩し専門化が進むと、実地教育以外に学校教育の比重が増していく。また労働組合の運動が発達していくにつれ、職業制度と同時に労働制度としての法的問題も生ずる。
 なお日本では江戸時代以降、丁稚(でっち)、年季野郎などの名で徒弟制度が行われてきた。[寺尾 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徒弟制度の言及

【工房】より

…なんらかの手工業の職に就こうとする者は,親方のもとでギルドの定める一定期間の修業を済ませて職人となる。さらにギルドからその資格にふさわしい力量を認められれば,親方となって自分の工房を開くことができた(徒弟制度)。 古代・中世においては,美術品制作の手工業的側面が強調されたため,芸術家と一般の職人の間に原理的な区別はなく,中世においては絵画や彫刻の制作は工房制度に組み込まれていた。…

【熟練労働者】より

…産業革命によって自営業者としての職人の基盤は崩れ,資本家に雇用される賃金労働者が主流となったが,新たに形成された機械制大工業の中で要求される技能に習熟した熟練労働者と,その補助者あるいは熟練を要しない単純作業に従事する不熟練労働者unskilled workerの階層区分が生じた。19世紀末ごろまでは多品種少量生産が一般的であったため,熟練労働者には多能工的な技能が要求されており,熟練形成は主として労働者から労働者への経験による技能伝達によっていたので,多くの国で徒弟制度が再編・維持された。すなわち熟練労働者になるためには,各職業ごとに定められた条件で徒弟として契約し,一定年限をほとんど無報酬で見習いとして過ごすことによって,はじめて熟練労働者としての資格を認められた。…

【職業教育】より

…なお,日本をふくむ若干の国では,特定の技能について高度の熟練を要する職業のための訓練を,職業訓練vocational training,Berufsausbildungと称し,学校制度で行う職業教育と区別しているが,両者の内容の区分は必ずしも明確ではない。
[職業教育制度の発達]
 職業教育の制度化は,歴史的には身分および職業の分化に対応して始まったが,中世には,ギルド制下に徒弟が親方のもとで5~7年にわたって年季奉公し,この間に職業上の知識や技能,慣習などを修業する徒弟制度として発達した。ギルドは王侯あるいは都市から職業上の独占を公認された結社で,構成員の技能水準保持のほか製品価格や賃金維持の目的で成員の採用を厳格にしていたため,職業上の知識,技能やその伝達方法はしばしば秘伝的性格をおびていた。…

【職業訓練】より

…通例,学校や職業訓練施設で行われる教育訓練をoff‐JT(off the job training),職場訓練をOJT(on the job training)と呼び区別している。これらの教育訓練制度は,工業技術の発達に伴う複雑な機械・装置の実現,多様かつ多種類の商品の登場,大規模経営を中心とする管理技術の発達などによって,手工業段階で支配的であった熟練職人養成のための徒弟制度に代わって,組織的かつ大規模に行われるようになってきた。 職業訓練を公的に行うのは公共職業能力開発施設で,現在の日本では都道府県立または市町村立の職業能力開発校(229校,年間訓練定員約15.9万人),都道府県立の職業能力開発短期大学校(5校,同定員約0.1万人),および雇用促進事業団立の職業能力開発促進センター(65所,同定員約23.5万人),ならびに職業能力開発短期大学校(26校,同定員約1.7万人)などがあり,これ以外に国立または都道府県立の障害者職業能力開発校(19校,同定員約0.4万人)が設置されている(1997年度現在)。…

【職人】より

…一般に,自分の手先の技術により物を生産することを職業とする人をいい,その技術は,独自の徒弟制度により伝習されてきた。だが中世の日本では,在庁官人や芸能民なども広く職人と呼ばれていた。…

※「徒弟制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徒弟制度の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ中央銀行ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ中央銀行制度ヨーロッパ通貨機構都市参事会(ヨーロッパ中世)ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徒弟制度の関連情報